So-net無料ブログ作成

折り込み作業。

 演劇シーズンも終盤戦。昨日始まった札幌座の「ブレーメンの自由」を観にいらしたお客さんに手渡すチラシの折り込みがシアターZOOのロビーで行われていました。演劇シーズンも回を重ねるごとに定着してきたようで、集まるチラシの数も普段より多い気がします。
1-DSC_0019.jpg
 チラシを渡したい人たちが集まって、順番にチラシを重ねてぐるぐる回っています。狭いロビーに人が沢山いたので物凄い暑さでしたが、皆さん汗だくで黙々と作業を続けていました。私もつい手伝ってしまいました。1時間半ほどの作業だったと思います。

 25年ほど前、私も毎回この作業をやっていましたが、いつも「もっと効率のいい方法は無いのだろうか?」と考え、様々な方法を試みたものでした。折り込み作業の場所の広さや、集まる人数、チラシの数に応じて様々なやり方が試されてきたんだと思います。それでも札幌では相変わらずこの方法が続いているようです。「関西方式」とか「関東方式」とか、人がぐるぐる回るのか、人が動かずにチラシが次々に手渡されて行くのか、地域によって様々な方法や流儀があるようです。
1-DSC_0021.jpg 1-DSC_0022.jpg
 新聞販売店では折り込みの機械があったりもするようですが、劇場にそんな機械を導入しても採算が合うはずもなく、こうした人海戦術が続くのです。

 こういう地味な作業を経て、お客さんたちにチラシの束が届くのです。一枚一枚しっかりとご覧ください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。